ホーム > iOS > オムロンHVC-Cを使ってみた

オムロンHVC-Cを使ってみた

  • 2014年12月16日 10:01 AM
  • iOS

オムロンさんからβ版のHVC-Cをお借りしたので、iOSでアプリを試作してみました。

まずHVC-Cに関してですが、iOSなどの周辺機器としてBluetoothで接続して使用します。人や顔、手などを検知し、今回試作したアプリでは性別と年齢、表情の推測結果を使用しています。

今回、プロトタイプのアプリを作るにあたり企画を幾つか考えたのですが、タイミングのシビアなモノを作るのはちょっと難しかったため、当初考えていたゲームのようなモノは断念して、今回試作したモノはその場の状況で読み上げる内容が変化する呼び込みをするようなアプリを作ってみました。

想定としては魚屋の呼び込みを想定して作ってみました。実際にはイベントの会場などだったり、デジタルサイネージなどもう少し違う形で使えればと思っていたのですが、シナリオを作りにくかったので取りあえず魚屋にしました。公開している動画は、人を集めたりして撮影する事が出来なかったのでテレビに向けて実行してます。魚屋の特売情報などのシナリオをランダムに喋らせて、HVC-Cから得られた情報をもとに所々で「そこのお姉さん、見ていかない?」など、性別や年齢、表情を使って呼びかけの内容が変化します。実際には同一人物を認識した場合、それをトラッキングしたり、呼びかけを省略したりできれば良かったのですが、凝った事は短時間で実装できなかった為、事前に用意したシナリオが終わった段階で、ストックした最新の認識情報をもとに呼びかけを行うようにしています。この辺りは改善の余地がありですが。

よってらっしゃみてらっしゃいデモ – YouTube

人認識センサーでスマートフォンアプリを開発しよう Sensing Egg Project for Human Vison Components (HVC-C)
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/

Facebook

コメント:0

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.kei3.com/archives/443/trackback
トラックバックの送信元リスト
オムロンHVC-Cを使ってみた - kei3.com より

ホーム > iOS > オムロンHVC-Cを使ってみた

関連サイト

ページの上部に戻る